トップ インプラント歯科NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

インプラント歯科NAVIインプラントを行う場合のポイント > インプラントの費用と控除

インプラントの費用と控除

インプラントの費用と控除の画像

インプラントは自由診療になります。

つまり、どの程度の費用がかかるか、という点は、美容整形などと同じく、医師が自由に決定することができるわけです。

そのため、一本10万円以下でインプラントができる、と広告を打っている歯科医院もあれば、数十万の治療費がかかる病院もあるわけです。

インプラントはコストのかかる治療ですから、お金がかからなければそれで良いかというとそうでもありません。

標準的な価格よりずっと安くても、病院内の設備が整っていなかったり、一般の歯科治療と同じ部屋でインプラントの手術が始まったり、では不安が大きくなります。

もちろん数をこなすことでコストを下げる、という方針の病院もあることでしょうから、安かろう悪かろうとも言い切れないのが難しいところではあります。

もし相場からかなり格安の値段設定でインプラントを行う病院であれば、手術内容はもちろん、設備や利用するパーツなどについて良く確認してみるより他ないかも知れません。

だいたい現在の所、インプラント一本にかかる費用は40万円前後といわれています。

これはインプラント治療がいくつかの行程に分かれて進められるためで、それぞれにお金がかかるからです。

ですから例えばインプラント手術が15万円、といわれても、それが本当に安いかどうかはわかりません。

もしかしたら人工歯の費用やパーツの代金が含まれていない値段の可能性もありますから、これは良く事前に確認しておく必要があるでしょう。

確かに安い金額ではないので、インプラントに興味はあってもコストの面で躊躇してしまうこともあります。

しかし、医療費控除の制度を使うこともできます。

医療費控除は一つの世帯でかかった医療費が年間10万円を超えたときに申請できる控除です。

インプラント治療を受けた本人のみならず、家族全体の医療費の合計から保険で補填された額に10万円を足した金額が医療控除の対象となりますので、普段から医療費やそれに関わる交通費などの領収書は保管しておくようにするとよいでしょう。

インプラント歯科NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ インプラント治療後の注意点

インプラント治療を考えている人にとっては、手術後の状態や注意点についても気になるところでしょう。 一般的なインプラントの治療後の様子について少し見てみますと、数日間安静にしている程度で、特にこれといって問題になるようなことはないようです。 しかしやはり外科手術には違いないので、多少注意を払っておいた方がよい点もあります。 ほとんど抜歯後の注意点と似ていますが、まず、当日のお風呂は、血行を無駄に良くしすぎないために、浴槽につかって温まるなどはせず、シャワーで済ませたほうがよい

インプラント歯科NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。