トップ インプラント歯科NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

インプラント歯科NAVIインプラントを行う場合のポイント > インプラント治療後の注意点

インプラント治療後の注意点

インプラント治療後の注意点の画像

インプラント治療を考えている人にとっては、手術後の状態や注意点についても気になるところでしょう。

一般的なインプラントの治療後の様子について少し見てみますと、数日間安静にしている程度で、特にこれといって問題になるようなことはないようです。

しかしやはり外科手術には違いないので、多少注意を払っておいた方がよい点もあります。

ほとんど抜歯後の注意点と似ていますが、まず、当日のお風呂は、血行を無駄に良くしすぎないために、浴槽につかって温まるなどはせず、シャワーで済ませたほうがよいようです。

また、出血があるからといって頻繁なうがいは良くありません。

かえって出血が増えて傷の治りが遅くなったり、痛みが増すこともあります。

食事については、事故を避けるため、麻酔が切れるまでは行わないこと、麻酔が切れた後もすぐにインプラントを入れた部分で噛んだりせず、しばらくは別の歯でものを噛むようにしたほうがよいでしょう。

またタバコを吸う人は、口腔内の組織を萎縮させて傷の治りを妨げることのないよう、少なくとも2週間程度は禁煙をしたほうがよいでしょう。

また、痛み止めや抗生物質などの内服薬が処方されるので、必ず服用する必要があります。

特に抗生物質は患部への雑菌の侵入を防ぐ目的があるので、忘れずに規定量をきちんと飲むことが大切です。

インプラントを入れた後の状態としては、1日程度は唾液に血液が混じる程度の出血が見られます。出血が多いような場合は丸めたコットンなどを噛むようにします。

傷口、つまりインプラントの入った部分は、腫れが見られるのが普通です。

だいたい4日程度でおさまるもので、腫れているからと言って雑菌による感染が起こっているわけではありません。

いずれにしろ、インプラントの手術を受けた後の注意点は歯科医院で丁寧に解説してくれるはずですから、良く確認しておくことが大切です。

また術後に岩緩和感じたら、すぐに歯科医院を訪ねるようにしましょう。

インプラント歯科NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 増骨の方法 1

インプラントをする前に、顎の骨の再生が必要な場合がありますが、この治療にもいくつかの種類があります。 どんなものがあるのか少し詳しく見てみましょう。 まず一つ目はサイナフリフトと呼ばれる治療です。 上顎洞底挙上術とも言われます。 これは上顎の内部にある大きな空洞を押し上げるという治療です。 この上顎の空間は上顎洞と呼ばれるもので、きちんと歯が揃っているときは特に問題になることもないものの、歯を失うなどの理由で拡大していきやすいものだそうです。 この空洞の側からも歯槽骨が吸収

インプラント歯科NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。