トップ インプラント歯科NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

インプラント歯科NAVIインプラント治療の開始 > 抜歯とインプラント

抜歯とインプラント

抜歯とインプラントの画像

インプラントは無くなってしまった歯の代わりとして丸ごと人工の歯に入れ替える治療ですが、もともとの歯をなくす、というのは、歯医者での治療の際にやむなく抜歯するという場合が多くあります。

原因は歯周病や虫歯、ケガなど様々ですが、最近のインプラント治療では、従来とは異なり、治療の一環として抜歯をしたその日にすぐインプラントを埋め込む、ということも可能になっているそうです。

通常は歯を抜いてから数ヶ月待ち、その後インプラントの埋め込みを行うわけですが、場合によってはそれほどの期間、歯のない状態ですませることができないこともあります。

このような場合に行われるのが抜歯即場インプラントです。

もちろんどんな患者さんにでもできる治療ではありませんが、歯周病や虫歯などのトラブルが他になく、また顎の骨の量も充分な場合は、抜歯して、その場ですぐにインプラントの土台を入れる、ということが可能です。

この土台にまたその場で仮の歯を入れることができるので、歯を抜きに歯医者さんへ行き、帰ってくるときには新しい歯をインプラントで入れて貰っている、ということができるわけです。仮歯が入りますから、当日食事をすることもできるでしょう。

ただしいくら抜歯即時インプラントとはいっても、すべての行程がその場で終わるわけではなく、仮歯ではない最終的な義歯は数ヶ月後に入れることになります。

このインプラントのメリットは、なにより治療期間が短くてすむことでしょう。

その日のうちに見た目も整いますから、人に接するお仕事の患者さんや、口元の審美的な面をおろそかにできない患者さんでも安心です。

また抜歯直後にインプラントのネジを埋め込むわけですから、インプラントのために切開や剥離を行わずにすむ場合も多いので、患者さんの負担が精神的にも肉体的にも少なくてすみます。

また歯を抜いた直後は身体が自分で治ろうとする力、つまり生体治癒力が良く働くため、傷口の治りも早いというメリットもあります。

インプラント歯科NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ インプラントができないケース

インプラントは入れ歯やブリッジと比べて、コストはかかるもののメリットの多い治療法です。 現在のところ、失った歯の代わりとして利用できる治療法の中では最も進んだものと言えるかも知れません。 たとえ多少の歯周病や虫歯があったり、骨の量が足りなかったりしてもそれを補う方法も用意されています。 しかしやはり希望するすべての患者さんがインプラントを埋め込むことができるわけではないようです。 インプラントに適さない症状にはどのようなものがあるでしょうか。 まず、施術前の検査にレントゲン

インプラント歯科NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。