トップ インプラント歯科NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

インプラント歯科NAVIインプラント治療の開始 > インプラントができないケース

インプラントができないケース

インプラントができないケースの画像

インプラントは入れ歯やブリッジと比べて、コストはかかるもののメリットの多い治療法です。

現在のところ、失った歯の代わりとして利用できる治療法の中では最も進んだものと言えるかも知れません。

たとえ多少の歯周病や虫歯があったり、骨の量が足りなかったりしてもそれを補う方法も用意されています。

しかしやはり希望するすべての患者さんがインプラントを埋め込むことができるわけではないようです。

インプラントに適さない症状にはどのようなものがあるでしょうか。

まず、施術前の検査にレントゲンを使用すること、また治療後に投薬が必要になることなどから、妊娠中の女性は避けたほうがよいでしょう。

出産後、体力も回復してから治療を受けた法が無難です。

また糖尿病、高血圧というような全身疾患、慢性疾患がある患者さんにはインプラントは適さないとされる場合もあります。

治療中に出血を伴う場合もあるからです。

とはいえ、慢性疾患があると絶対にダメなのかといえばそうでもなく、血糖値や血圧を良好な状態にコントロールできている方であれば、かかりつけ医師との相談の上、インプラント治療を受けることができる場合もあります。

インプラントができないわけではないが、事前に処置が必要なケースとしては、インプラントを行う部分以外の歯に大きな虫歯がある、歯周病にかかっている、顎の骨の量が足りていない、というものもあります。

これらはあらかじめ適切な治療を行い、インプラント治療に影響を及ぼさない状態に改善しておかなければなりません。

また、オーラルケアそのものにも悪影響となる喫煙は、もちろんインプラント治療にも好ましくありません。

組織の免疫力を下げないためにもたばこはやめる、控える必要があります。

インプラント治療に完全に向いていないケースとしては、16才以下の子供、チタンにアレルギーがある患者さん、アルコール依存症、精神的な問題のある患者さん、術後の日常的な口腔ケアができない方、などがあります。

インプラント歯科NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ インプラントの費用と控除

インプラントは自由診療になります。 つまり、どの程度の費用がかかるか、という点は、美容整形などと同じく、医師が自由に決定することができるわけです。 そのため、一本10万円以下でインプラントができる、と広告を打っている歯科医院もあれば、数十万の治療費がかかる病院もあるわけです。 インプラントはコストのかかる治療ですから、お金がかからなければそれで良いかというとそうでもありません。 標準的な価格よりずっと安くても、病院内の設備が整っていなかったり、一般の歯科治療と同じ部屋でイン

インプラント歯科NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。