トップ インプラント歯科NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

インプラント歯科NAVIインプラント治療の開始 > インプラント以外の治療法

インプラント以外の治療法

インプラント以外の治療法の画像

歯を失ってしまった場合の治療として、現在もっとも進んでいるとされているのがインプラントですが、保健の適応がないため、どうしても治療費は割高になりがちです。

コストの問題以外にも、インプラントを入れる骨の質や治療する場所などによって、インプラント治療を選択しない患者さんも少なくありません。

むしろ入れ歯やブリッジを利用した治療を選ぶ場合の方が多いようです。

インプラント以前の治療法としてすっかり定着している入れ歯やブリッジは具体的にはどのようなものなのでしょう。

まず、ブリッジについてですが、これは失った歯に接している両サイドの歯が健康である場合に行うことができる治療です。

その両サイドの歯を削って金属などをカバー状にしてかぶせることで土台とし、無くなった歯の部分の義歯を両脇から支えさせる形が橋を渡しているように見えることからブリッジと呼ばれています。

このブリッジはセラミックなど、自然な歯の色に近い素材を利用して行えば見た目も悪いものではなく、また治療期間も、歯の機能を取り戻す期間も長くかからず、ブリッジは多くの歯科で利用されています。

保険の適応もありますが、白いレジンを保健内で利用できる箇所は前歯から3番目の犬歯までとなっています。

これは普通に笑ったときに見える場所までであり、それ以外は金属の素材を使うことになります。

それ以外の場所でも白い素材を使いたいのであれば素養は自己負担となりますから、レジンはもとより、高価なセラミックなど、利用する素材によってはインプラント治療と大差ないコストがかかる場合もあります。

また、特に痛んでいるわけでもない歯を削らなければならないことから、すべてにメリットがある治療法とは言えない点もあります。

インプラント、ブリッジ以外に行われる治療には部分入れ歯を利用したものがあります。保健の適応のあるものはスクラブという金属の金具がついたものになりますが、費用を自己負担する場合は多くの種類から好きなものを選ぶことができます。

インプラント歯科NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 病院の選び方

インプラント治療は普及してきたとはいえ、どこの歯科でも行っている治療法というわけではありません。 また、担当の医師もできるだけインプラント治療の経験豊かな人に出会いたいところです。 インプラント治療を受ける際、病院を選ぶときにはどのような点に気をつけたらよいのでしょうか。 まずは施設、設備の面から見た場合、インプラント治療の専用のための手術室がある病院かどうかは良い判断材料の一つとなるでしょう。 これは通常の歯科治療とは異なり、外科手術の伴う治療ですから、歯を削るなどを行う

インプラント歯科NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。