トップ インプラント歯科NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

インプラント歯科NAVIインプラントと骨再生治療 > 骨再生治療が不要な場合

骨再生治療が不要な場合

骨再生治療が不要な場合の画像

インプラントには、インプラントを行う部分の骨の状態がインプラントに適しているかどうかの検査が事前に必要になってくるわけですが、これにより、特に骨移植などの骨再生の必要はないとなった場合のインプラント治療はどのようなものでしょうか。

一般的なインプラント治療では、1回法と2回法があります。それぞれ手術の回数からくる呼び名ですが、よく利用されているのは施術後のアフターケアが行いやすい2回法のようです。

インプラントを利用した治療の一つである2回法は、まず歯茎の切開から行われ、その後、顎の骨から歯肉をはがすようにしてインプラントの挿入箇所を作り、フィクスチャーを埋め込みます。

顎の骨へインプラント部品を埋め込み、歯肉を縫合するという流れになります。

インプラントを包み込むように縫合された歯肉の中で、インプラントのフィクスチャーと顎の骨がしっかりと結合するまで一時間をおくわけですが、その期間は状態や手術内容、またインプラントの形状などにより様々です。

歯の位置や顎の形状によっても差があり、かなりケースバイケースと言えるでしょう。

上あごの場合は2ヶ月弱から半年と開きがあり、下あごの場合は1ヶ月から4ヶ月ほどの開きがあります。

土台となる顎の骨が足りずに骨移植が必要な場合はさらに長い期間が必要となります。

骨量がたっぷりある場合は、2回法よりさらに手軽な1回法を行う場合もあります。

インプラントの1回法は、文字通り一度ですべての手術を終わらせてしまうやり方で、2回法のように骨とパーツの結合を何ヶ月も待つ必要はありません。

また最近では、手術の際に仮歯の装着までを行うオールオンフォーというやり方もありますが、これも骨の状態が良い患者さんに限ってのことです。

ただし、どのようなインプラントの手術法を選ぶかは骨の状態だけではなく、アフターケアなど他の要素も組み合わせて選ぶ必要がありますから、事前の検査の結果をもとに、担当の歯科医師の説明を良く吟味してみることになるでしょう。

インプラント歯科NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ インプラント治療の流れ

インプラントを利用した歯科治療はどのようなものなのでしょうか。 実際に行われている治療の一般的な流れを見てみると、大まかに6つのステップがあるようです。 順を追って少し見てみると、最初に、歯の状態を診察し、それに従って治療の計画が立てられます。 そのために口腔内写真やレントゲン写真の撮影が行われます。 また歯形の採取や、患者さんによっては血液検査などが必要になる場合もあるでしょう。 CTスキャンを行うこともあります。 次に、治療計画に従い、もとの歯を失った顎の骨の部分に、ボ

インプラント歯科NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。