トップ インプラント歯科NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

インプラント歯科NAVIインプラントとは > よく利用されているインプラントの構造

よく利用されているインプラントの構造

よく利用されているインプラントの構造の画像

インプラントを製造しているメーカーはいくつもあります。

よって、現在歯科治療で利用されているインプラントにもいくつかのタイプがあり、異なる特徴を持っています。

歯科インプラントが人工の歯を人工の歯根で顎の骨に繋ぐための器具であることは一緒ですから、極端に大きな違いはないものの、フィクスチャーの形状が異なったり、またフィクスチャーとアパットメントの構造に違いが見られたりもします。

はっきりとした違いがあるのはフィクスチャーで、ネジのようなシリンダータイプと、チタンなどのプレートタイプのものがありますが、主流なのはシリンダータイプです。

これは自然な歯根に近い形のほうが身体にも負担が少なく、見た目にも無理なく仕上がるから、というメリットがあってのことです。

また、フィクスチャーとアパットメントがそれぞれ独立したパーツであり、組み合わせて使うタイプのインプラントも、一体型のものよりメリットが高いと言われています。

その理由として、一度埋め込んだインプラントを取り外すことが手軽にできると言う点が挙げられます。

インプラントは一度治療すれば長く使えるものではありますが、定期的な手入れが必要で、例えば患者さんが高齢になり、そのような口腔ケアが難しくなった場合などには取り外しの必要が出てくる可能性もあります。

またアパットメントの固定方法にもいくつかの違いが見られます。ネジのようなもので固定する場合と、セメントを利用する場合があります。

アパットメントの素材はチタン製、またはチタン合金のものが一般的ですが、見た目が特に重要と考える場合には、セラミック製のアパットメントを利用することもあります。

アパットメントでフィクスチャーと繋がれる人工歯は上部構造補綴物(ほてつぶつ)などとも呼ばれますが、これはインプラント以外の義歯と同じく、いろいろな素材でできたものがあります。

主なものはセラミック製で、すべてがセラミックでできたオールセラミックスの他、内側に金属で裏打ちを入れたメタルボンドなどが利用されることが多いようです。

インプラント歯科NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ インプラントに使われる部品

歯科治療で利用されているインプラントは、なくなってしまった歯の替わりに人口の歯を作る技術とその部品を指していますが、この人口の歯とは、入れ歯やブリッジのように、口を開けたときに見える歯の部分だけでできているわけではありません。 むしろ、インプラントの最も大きな特徴は、歯の下、つまり歯茎の中にあるパーツだと言えるでしょう。 見えている歯を支え、顎の骨と連結させている人工骨こそインプラントが他の歯科治療と一線を画している大きなポイントです。 歯の上と下をしっかり支えるインプラン

インプラント歯科NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。