トップ インプラント歯科NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

インプラント歯科NAVIインプラントとは > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れの画像

インプラントを利用した歯科治療はどのようなものなのでしょうか。

実際に行われている治療の一般的な流れを見てみると、大まかに6つのステップがあるようです。

順を追って少し見てみると、最初に、歯の状態を診察し、それに従って治療の計画が立てられます。

そのために口腔内写真やレントゲン写真の撮影が行われます。

また歯形の採取や、患者さんによっては血液検査などが必要になる場合もあるでしょう。

CTスキャンを行うこともあります。

次に、治療計画に従い、もとの歯を失った顎の骨の部分に、ボルト状のインプラントを埋め込みます。

顎の骨に金属を埋め込むわけですからさぞかし時間もかかり、痛みがあるように思えますが、実際は局部麻酔を施し、静脈を鎮静させる手法を用いて行われるため、患者さんはうとうととしている間に痛みもなく終了するようです。

また入院なども必要なく、日帰りで手術を受けることができます。

インプラントを埋め込んだら、一旦ここで作業は中断されます。

インプラントを埋め込んだ歯肉を縫合し、顎の骨としっかり結合するまで時間を置く必要があるためです。

どの程度の時間が必要となるかは個人差があるようですが、だいたい1ヶ月から3ヶ月程度で次の段階に進むことができる場合が多いようです。

顎の骨と人口の歯根、つまりインプラントがくっついたら、次にそのインプラントの頭を歯肉から覗かせるようにして、人口の歯を取り付けるための土台を取り付けます。

この土台はアパットメントと呼ばれています。

それから人口の歯を取り付けることができ、インプラント手術は終了します。

しかし定期的なアフターケアが必要となることは覚えておくべきことでしょう。

人口の歯ですから虫歯などになることはありませんが、ケアを怠ると炎症をおこして歯周病などを発症してしまいます。

これを避けるためには半年から1年に一度程度、歯科医での定期検診が必要です。

このケアを怠らなければ、入れ歯やブリッジよりはずっと快適なインプラントを長く使うことができるわけです。

インプラント歯科NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ インプラントに使われる部品

歯科治療で利用されているインプラントは、なくなってしまった歯の替わりに人口の歯を作る技術とその部品を指していますが、この人口の歯とは、入れ歯やブリッジのように、口を開けたときに見える歯の部分だけでできているわけではありません。 むしろ、インプラントの最も大きな特徴は、歯の下、つまり歯茎の中にあるパーツだと言えるでしょう。 見えている歯を支え、顎の骨と連結させている人工骨こそインプラントが他の歯科治療と一線を画している大きなポイントです。 歯の上と下をしっかり支えるインプラン

インプラント歯科NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。