トップ インプラント歯科NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

インプラント歯科NAVIインプラントとは > インプラントの意味

インプラントの意味

インプラントの意味の画像

インプラントというのは、歯科治療の一つで、失ってしまった歯の代用として、人工的な歯を利用できるようにするものですが、本来インプラントという言葉自体は、歯科技術のみに利用されているわけではありません。

インプラントは英語ではしっかりと差し込むという「implant」で、医学用語では「移植」を指しています。

移植ですから、口腔内の治療についてのみに使われるわけではなく、臓器や骨など、身体のいずれの場所であっても、治療として何かしらの人工的な器具を埋め込めばインプラント治療となるわけです。

最近ではインプラントと言えば歯科治療といった印象が強くなっているわけですが、例えば心臓のペースメーカーや人工内耳、骨折治療に使われるボルトなどもインプラントとなります。

また思わぬ怪我や疾患によって機能しにくくなった身体の一部をおぎなったり、また取って代えたりとする治療だけではなく、特に機能に問題がない場合でも、美容目的などで身体に埋め込まれるインプラントもあります。

豊かなバストラインを作るために乳房に埋め込まれる生理食塩水のパックや、鼻やフェイスラインを整えるために利用される美容整形用のシリコンパーツなどもインプラントの一つです。

特殊なものとしては、装飾のために皮膚の下にシリコンや磁石、テフロン等の破片を埋め込み、凹凸を作ってファッションの一つとして楽しむ人もいます。

耳たぶなどの柔らかい部分ではなく、額など特殊な場所に施されるピアスもインプラントの一つと考えることもできるでしょう。

このように、インプラントとは目的はそれぞれ異なるにしても、つまりは身体の中に埋め込まれる器具を指している言葉として考えると良いようです。

一般的に、私たちの生活において最も身近なインプラントはやはりデンタルインプラント、つまり虫歯などで抜歯したあとに埋め込まれる人工的な歯と、それを行うための歯科治療だと思いますが、ではこのインプラントは従来の入れ歯などとはどのような違いがあるのでしょうか。

インプラント歯科NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ インプラントができないケース

インプラントは入れ歯やブリッジと比べて、コストはかかるもののメリットの多い治療法です。 現在のところ、失った歯の代わりとして利用できる治療法の中では最も進んだものと言えるかも知れません。 たとえ多少の歯周病や虫歯があったり、骨の量が足りなかったりしてもそれを補う方法も用意されています。 しかしやはり希望するすべての患者さんがインプラントを埋め込むことができるわけではないようです。 インプラントに適さない症状にはどのようなものがあるでしょうか。 まず、施術前の検査にレントゲン

インプラント歯科NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。